のぞみがおか生楽館
〒838-0107
小郡市希みが丘5丁目2番地17
TEL/FAX 0942-75-6607

ホーム > 講座・イベント > 講座・イベント報告 > 子どもチャレンジ講座

子どもチャレンジ講座

 

R3 10/25 子どもチャレンジ講座「メダカの学校」

 

今日は、メダカとその飼い方を学ぶ「メダカの学校」です。

お勉強の前に、メダカを入れる水槽にアクリル絵具や油性マジックで絵や模様を描きました。水槽の全面に模様を描く子や、小さな花やお魚、水草を描く子、自分の好きなキャラクターを描く子など様々で、とてもユニークな”マイ水槽”が出来上がりました。

この後、地域でメダカをたくさん飼っている先生から、メダカはオスとメスでは体形が違うこと、群れで泳ぐこと、寒くなると冬眠することや、水の換え方、エサの与え方などのお話があり、子ども達は、熱心に聞いていました。

最後に、先生からメダカ5~6匹と水草を分けていただき、子ども達は、マイ水槽の中で泳ぐメダカを嬉しそうに見ていました。

丁寧にお世話をすれば、4~5年は生きるそうです。大事に育ててネ!

 

 

メダカ①.JPG めだか.jpg 

    プラスチック製の水槽に絵や模様を描きます。

“マイ水槽”にメダカを入れてもらいます。

メダカ④.JPG  メダカ⑤.JPG 
 「メダカの学校」の先生です。  先生の話を熱心に聞いています。
メダカ⑥.JPG  
”マイ水槽”とメダカを前にハイポーズ!

 R3 8/3 子どもチャレンジ講座「傘リメイク」

    傘が防水エプロンに変身!

 

今年度生楽館はSDGsにちなんだ取り組みを行っています。

環境問題を身近に考えようと、前回の子どもチャレンジ講座では北九州「エコタウン」に出かけ、次世代エネルギーの勉強やリサイクル施設の見学をしました。

今回の子どもチャレンジ講座では、自分たちでリサイクルしようと、家庭などで不要となったビニール傘を防水エプロンにリメイクしました。

使用するのは、傘の生地(ビニール)の部分です。ハトメパンチで形や大きさを調整するとエプロンの型が完成します。これからは、子どもたちのアートな作品作り。アクリル絵の具や油性マーカーで絵を描いたり、プリント模様のハギレを貼ったりそれぞれが個性的なエプロンを作りました。料理の手伝いやお風呂掃除などいろんな場面で活躍しそうです。 

安価ですぐに手に入るビニール傘は、年間約8000万本がゴミとして廃棄されているそうです。物を大切にすることが環境問題の解決につながることを子どもの頃から意識できるといいですね。 

傘①.jpg     傘②.jpg
  「捨てられた傘を再利用してエプロンを作ります」    「傘の生地は、こうやって外します」 
傘③.jpg   傘④.jpg
  アクリル絵の具でペインティング♪   何を描いているのかな?
傘⑤.jpg   傘⑥.JPG
   色々な模様のハギレを貼り付けます。    お絵かき終了、大満足♪
傘⑦.jpg   傘⑧.jpg
     
傘⑨.jpg   傘⑩.jpg
    素敵な模様のエプロンが完成しました!

 

R3 7/27 子どもチャレンジ講座「社会科見学」

 
社会科見学で北九州市エコタウンセンターへ行きました。
 館内で、次世代エネルギーの説明を聞いた後に、北九州市市民太陽光発電所の見学をしまし
た。約400世帯分の発電をする6000枚の太陽光パネルの規模にびっくりしました。

 午後からは風力発電と自動車のリサイクル工場を見学しました。
 羽根の大きさが75m、高さが100mもある風車は
近くで見るととても大きく、それが10数基
も並んでいる風車群は迫力がありました。なんと羽根が一周するだけでテレビ6時間分の電力を
作れるそうです。
 自動車のリサイクル工場では、車が部品ごとに解体され、素材ごとに分別・回収されて99%
リサイクルされる過程を見学しました。最後には車が圧縮されてサイコロ状の鉄の塊になり、
再び車の資源になるそうです。

 ☆子どもたちの感想☆
  ・リサイクルについて勉強をして自分の生活を見直そうと思った。
  ・ペットボトルが洋服になるなんてびっくりした。
  ・実際に様子を見てみると、ゴミを出さない工夫がされている事が実感できた。
  ・学んだことを夏休みの自由研究にしようと思った。

社会科見学②.jpg 社会科見学⑨.jpg

 エコタウンセンターに到着!

エコについてのクイズコーナーもありました。
 社会科見学③.jpg 社会科見学④.jpg 
 エコタウンの概要について説明を聞いています。
 楽しい展示物もたくさん!
社会科見学⑤.jpg  社会科見学⑥.jpg 
たくさん質問をしてしっかりメモを取っています。 太陽光発電・風力発電と一緒に記念撮影♪
社会科見学➆.jpg 社会科見学⑧.jpg
風車の大きさにびっくり! 洋上にある風車を探しています。 

 

R3 5/8 子どもチャレンジ講座「小箱リメイク」

 木製小箱を大変身させました!

 

 子どもたちが、小物入れ作りに挑戦しました。材料は、市販の木製小箱、アルミホイル、色画用紙だけです。

 小箱の蓋の透明板に自分の好きなキャラクターや動物、模様などをカラーマーカーで描き、丸めてシワシワにしたアルミホイルを蓋の裏に取り付けると、木製小箱がキラキラ光る‟ステンドグラス風小物入れ”に大変身しました。

 

なかには丸めたアルミホイルが固くなりすぎて、開いて形を整える時に破けたり、細かな作業もありましたが、銀色のアルミホイルの反射により自分の描いた絵が光るのを見て大喜びでした。

 最後は、メッセージを添えてラッピングし、素敵なプレゼントに仕上げました

 

 

小箱①.JPG 小箱②.JPG
   
小箱③.JPG 小箱④.JPG
   
小箱⑤.JPG 小箱⑥.JPG
   
小箱⑦.JPG 
   
小箱⑧.JPG  
   

 

R3 4/17 子どもチャレンジ講座「和太鼓体験」

日本の伝統楽器にに挑戦しました!

 

  地域の子どもが、日本の伝統楽器である和太鼓に挑戦しました先生は、この地域で活動している「一心太鼓」の皆さんです。

 簡単な準備運動をして身体を慣らし、姿勢やバチの持ち方など基本的なことを教えてもらってから叩きました。

 段々と難しくなっていくリズムに苦労しながらも、子供たちは、叩いている内に先生のリズムに付いていくようになり、最後は、先生と一緒に「大空へ」という曲のリズムを頑張って演奏しました。
 力強く叩いた和太鼓は、音だけでなく振動と共に体中に響きます。
 「疲れたけど、また叩きたい!」と、子供たちには楽しい時間だったようです。


太鼓①.JPG 太鼓②.JPG

叩く前の準備運動

基本姿勢とバチの持ち方の練習
太鼓③.JPG  太鼓④.JPG 
 最初は、ゆっくりしたリズムから  頭上から大きくバチを振り下ろします
太鼓⑤.JPG  太鼓⑥.JPG 
先生によるお手本の演奏 最後は、全員でニッコリ!

 

◆R2  12/17  子どもチャレンジ講座「松ぼっくりツリー」

松ぼっくりでクリスマスツリーを作りました♪

 

大小二つの松ぼっくりを使って、クリスマスツリーとサンタさんを作りました。 

材料の松ぼっくりは、地域の方からいただいたものです。ツリーの台座と幹は、剪定作業の時に出た木を、のこぎりで切って揃えました。

材料を準備する私たちも楽しみでしたが、参加してくれた子どもたちは出来上がりの見本を見て「かわいい、早く作りたい」と始まる前からとても楽しみな様子でした。

小さい松ぼっくりにどんぐりの顔を付け、赤い帽子をかぶせるとサンタさんの出来上がり。大きな松ぼっくりには、色とりどりの丸い綿玉を飾りリボンを添えるととってもかわいい手作りの松ぼっくりツリーが完成しました。

ラッピングした作品を子どもたちは嬉しそうに持ち帰りました。

クリスマスを、自分で作ったツリーとサンタさんが迎えてくれますね。家族の会話も増えそうです♪

 

 

松1.jpg 松2.jpg

松3.jpg

松4.jpg
   
   
   

 

◆R2 11/28 こどもチャレンジ講座「切り紙工作」

きれいな模様の切り紙ができました!

 

 大・中・小、3枚の色紙を使って「切り紙工作」を行いました。

 模様が複雑で難しそうに見える切り紙ですが、はさみひとつで意外と簡単に、アッ驚くような模様が作れます。折りたたんで切った紙を広げる時が一番のだいご味。思ってもいないきれいな模様にみんなの歓声が上がりました。

 最後に3枚をそれぞれラミネート加工し、ビーズを通したワイヤーでつなぎ、1か所はフックを付けました。家でも飾りだけでなく実用的な利用もできそうです。今、のぞみが丘小学校の階段踊り場の大きな窓に掲示し、アートな空間が出現しました♪

作品はしばらく掲示した後お返しします。お楽しみに!

 

①切り紙jpg.jpg ②切り紙.jpg

③切り紙.jpg 

 ④切り紙.jpg
⑤切り紙.jpg ⑥切り紙.jpg 
   
   

 

◆R2 10/17 こどもチャレンジ講座「プラバン工作」

オリジナル・キーホルダーができました!

 

キャンセル待ちが出るほどの人気で、子どもたちはプラバン作りをとても楽しみにしている様子でやってきました。
なぜプラバンを熱すると縮むのか? 工作を始める前に、子どもたちが不思議に思うプラバンの性質についてお話をしました。
プラスチックの塊に熱を加えて引き延ばしのたがプラバンで、さらにそれを加熱すると元の形に戻ろうとして縮むことを図で説明すると、子どもたちは、単に縮むのではなく、元の形に戻るという性質を理解したようでした。
「キーホルダー作り」では、用意された0.2mmと0.4mmの2種類のプラバンに、ポケモンやドラエモンなどのキャラクターや自分の好きな絵を描き、いざオープントースターへ! 中へ入れたプラバンが踊るように縮んでいき、取り出して圧すると、オリジナル・キーホールダーの出来上がりです。

最後に試してみたペットボトルやプラスチックのコップの変化にも、子どもたちは興味津々。科学の不思議を身近に体験し、手作りの楽しさを味わう貴重な機会となったようです。

 

 

プラバン1.jpg

 

プラバン2.jpg

 

 プラバン3.jpg

 

プラバン4.jpg 

 

プラバン5.jpg 

プラバン6.jpg 

 

 プラバン72.jpg 

 

 

◆R2 9/12 子どもチャレンジ講座「コースター作り」

おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントができました!

 

今年度初めての子どもチャレンジ講座では、CDディスクを利用した「コースター作り」を行いました。誰でも目にするCDですが、なぜ音や映像がでるのか、なぜキラキラ光っているのか、1枚のCDには不思議がいっぱい詰まっています。まずは小学生にもわかるように黒板に図を描いて、音や映像が出る仕組みをわかりやすく説明しました。

コースターは1人4枚製作し、2枚はカットされたモザイク状のピースを敷き詰めました。カットされたピースは、それぞれ光の反射が違い、不思議な輝きに子どもたちは感動を覚えた様子。後の2枚は押し花を中心に周りをCDのピースで飾りました。押し花は、生楽館で咲いていた花々を以前から準備していたものです。

 

出来上がった作品は、メッセージカードを添えて「敬老の日」のプレゼントです。このコロナ禍で、おじいちゃん、おばあちゃんになかなか会えないなか、手作りの作品は何よりのプレゼントになりそうです。また、科学の不思議も体験できた工作になりました。

 

 

コースター1.jpg コースター2.jpg 

コースター3.jpg

コースター4.jpg
コースター5.jpg  コースター6.jpg 
   
   

 

◆R2 2/8  こどもチャレンジ講座「チョコマフィン作り」

お菓子作りにチャレンジしよう!

 

毎年恒例のお菓子作りの講座に1~6年生までの子ども達が参加しました。

今回は「ココナッツ入りチョコマフィン」に挑戦です!

講師の藤野高美先生よりチョコレートの扱いや生地の混ぜ方など詳しい説明を受け、二人一組で協力しながら作りました。

参加した子ども達は、「思っていたより簡単にできてとても楽しかったです。」「又、家でも作りたいです。」と嬉しそうに話し、焼きあがったマフィンとレシピを大事そうに持ち帰りました。

 

 

1チョコ.jpg 2チョコマフィン.jpg

      作り方の説明を良く聞いてね!

    お菓子作りは楽しいね!パティシヱのたまご達…