のぞみがおか生楽館
〒838-0107
小郡市希みが丘5丁目2番地17
TEL/FAX 0942-75-6607

ホーム > 講座・イベント > 講座・イベント報告 > 子どもチャレンジ講座

子どもチャレンジ講座

◆R4 10/24 子どもチャレンジ講座「社会科見学」

 

福岡県警→県庁→東公園→博多ベイサイド・ポートタワー→新幹線乗車

10月24日(月)、この日は運動会の代休で、かねてから予定していたバスでの見学を行いました。

最初は「福岡県警察本部」で、警察署の仕事やおまわりさんの仕事などを資料展示室やDVDを見ながら勉強をしました。交通管制センターや110番の電話が入る通信指令室では今の状況がリアルタイムで分かるようになっていて、最先端のシステムにみんな驚いた様子でした。

 

子ども①.jpg 子ども②.jpg
   
子ども③.jpg

子ども④.jpg

   

次は隣の「県庁」へ。ガイドの方に11階にある物産観光展望室「福岡よかもんひろば」を案内してもらいました。福岡の伝統工芸品や県産物の展示を見て説明を受けた後、昼食は県民レストラン「けんちょうFood Marche」で持参したお弁当を食べました。大人の中に混じってやや緊張気味。

 

子ども⑤.jpg 子ども⑥.jpg
   
子ども⑦.jpg

子ども⑧.jpg

   

昼食後の東公園では亀山上皇銅像まで登りました。そこでは元寇襲来当時の歴史を感じることができました。園内の遊歩道間では間もなく紅葉する木々や、水辺に集うカモたちに秋を感じながらの楽しい散策になりました。

 

子ども⑨⑨.jpg 子ども⑩⑩.jpg
                   
子ども⑪.jpg
子ども⑫.jpg
             

「ベイサイドアクアリウム」では大きな水槽の中を泳ぐウミガメや熱帯魚にくぎ付けになり、「博多ベイサイドミュージアム」では博多港の役割や歴史に触ることができました。「博多ポートタワー」では展望室から360°の大パノラマが広がり、寄港する大型船舶を上から見下ろす楽しい体験もできました。

 

子ども⑬.jpg 子ども⑭.jpg
   
子ども⑮.jpg
子ども⑯.jpg
   

見学の最後は、博多駅から博多南駅までの新幹線乗車。新幹線の切符はそれぞれ自分で買い、いざホームへ!短い時間の乗車でしたが子どもたちは大興奮の様子でした。普段はなかなか経験することない貴重な体験ができたようでした。

 

子ども⑰.jpg    子ども⑱.jpg  
     
子ども⑲.jpg  子ども20.jpg 
   
子ども㉑.jpg  子ども㉒.jpg
   
子ども24.jpg

 

 

 

◆R4 8/22 子どもチャレンジ講座「社会科見学」


子どもたちが、社会科見学をしました。
最初の見学先は、「小郡市埋蔵文化財調査センター」。
常設展示や収蔵庫を見学した後、「火起こし」「まが玉作り」を体験しました。
火起こしの道具を使って火種を作り麻の繊維に移すと勢いよく火が燃え上がり、達成感は抜群。みんないい汗をかきました。
まが玉作りでは、滑石を紙やすりで削り耐水ペーパーで磨き上げました。仕上げに色を塗ると、まるで宝石のよう。大切な宝物になりました。

社会見学③.jpg 無題.jpg
収蔵庫にはたくさんのかめかんや土器が・・・

「まいぎり」という道具で火起こし

社会科見学.jpg
古代人の知恵を学ぶ貴重な体験ができました。


お昼には各自お店で弁当を買い、立石校区コミュニティセンターで食べました。休憩時間には館長さんが準備してくださった「ラダーゲーム」と「ターゲットゲーム」で楽しく過ごせました♪

社会見学5.jpg 社会見学⑥.jpg
好きなお弁当を買いました。食べるときは黙食です。

みんなで楽しいゲームをしました。


午後はオリンピック規格でもある「小郡市野球場」を見学。内野席から見下ろすときれいに整備された球場が見え、その広さにも感動しました。普段は選手以外に入ることはできないダッグアウトやフィールドも案内してもらい、天然芝の感触も楽しめました。

社会見学⑦.jpg 社会見学⑧.jpg
野球場の広さを実感できました! 観客席からの眺めはどうかな?
社会見学⑨.jpg 社会見学⑩.jpg
「天然芝は気持ちいい~」 選手の目線で見ると、気持ちが昂ります! 


「小郡市人権啓発センター」では、人権ライブラリーでいろんな本に触れ、また研修室では広島原爆の実話をもとにした
「いわたくんのおばあちゃん」のアニメを鑑賞しました。子どもたちには戦争について深く考える機会になったようです。

社会見学⑪.jpg 社会見学⑫.jpg
人権ライブラリーにて 研修室で戦争のお話を聞きました。


生楽館に戻り、立石コミセンで頂いたゴーヤをじゃんけんゲームで分けました。
今日は一日小郡市内のいろんな施設を見学しました。初めて行った施設が多く、小郡の新たな発見につながったようでした。
夏休みの作文や自由研究にも役立つといいですね。

※当初予定していた見学内容が変更になりましたが、また次回に計画できたらと思っています。

社会見学⑬.jpg 社会見学⓮.jpg
たくさんのゴーヤをいただきました お家へのお土産に!
社会見学⑮.jpg 社会見学⑯.jpg
じゃんけんゲームを仕切ってくれました♪ みんながコーヤをゲットです!

 

 

R4 8/1 子どもチャレンジ講座「科学実験・科学工作」

 

今回は、摩擦を利用した実験を行いました。水を入れたポリエチレンの袋に鉛筆を刺し、さらにその鉛筆を袋の外まで刺し通します。途中失敗もありましたが、何本もの鉛筆が水を入れた袋に刺さっている様子に子どもたちはハラハラ、破れないのがとても不思議そうでした。ここではポリエチレンの素材と、摩擦の説明。

 

分光シートを使った「ホログラム万華鏡」作りでは、「光の不思議」を体験しました。分光シートを通った光が虹色に光るのを見てみんな感動。出来上がった万華鏡にアルミホイルやカラーセロファンをラッピングすると外側もキラキラ光るステキな万華鏡が完成しました。

 

振り子のマジックでは、長さの違う3つのひもにペットボトルキャップの重りをつけ、どれか1つに「動け」と念じます。それぞれが念じたとおりに動くので、「すごーい。なんで?」と子どもたちは興味津々。種明かしで、振り子は糸の長さで振れる周期が決まっていることや、どれか1つ動かすコツも教え、工作にかかりました。出来上がった振り子を手に持ち、思ったとおりに動かす練習。

「帰ったらお家の人を驚かす」とやる気満々の子どもたちでした。

 

最後は、引っ込んでるはずなのに飛び出して見える錯視の体験。手の上で不思議な動きをする立方体に「なんで、不思議―」と、信じられない顔。

 

今日は4つの不思議を体験し、「なるほどー」と納得。普段はあまり気にしなかったこともたくさんのことが科学で裏付けされています。夏休みは、みなさんもいろんな不思議を見つけて自由研究をやってみてくださいね♪ 


①工作.JPG ②工作.JPG
突き刺すの怖いなー、大丈夫かなー?? 虹色に光っているよ!きれーい♪

③工作.JPG

④工作.JPG
今度は振り子のマジックです 大・中・小のひもに重りをつけます
⑤工作.JPG ⑥工作.JPG
錯視ってどう見えるんだろう? 小さい子にも教えながら、みんな仲良く工作に集中 
⑨工作.png
短い時間でしたが、たくさんの不思議に出会いました。科学っておもしろい!
           
先生によるお手本の演奏 d2 d2 12 12 最後は、全員でニッコリ!

 

◆R4  5/7  子どもチャレンジ講座「はぎれリメイク」

 

家に余っているはぎれを利用し、プレゼントにもなる「コサージュ」を作りました。布を細い一本のひもにしてポンポン作りの要領で仕上げます。中心にパールのビーズを飾ると一気におしゃれな「コサージュ」になりました。布の素材や色でまるで違う雰囲気になり、作りながら出来上がりを想像するのも楽しそうでした。
メッセージカードには子どもからお母さんへのありがとうの言葉があふれ、母の日のプレゼントにピッタリでした。手渡す時の子どもたちの表情やプレゼントされたお母さんの様子が目に浮かぶようです♪
2個目は自分用にゴムに付けてヘア飾りを作ったり、また「家でも作ります」と嬉しそうに話してくれました。捨ててしまうとゴミになるけど、工夫次第でまた新しいものになるというSDGsの勉強にもなったようです。