のぞみがおか生楽館
〒838-0107
小郡市希みが丘5丁目2番地17
TEL/FAX 0942-75-6607

ホーム > 講座・イベント > 講座・イベント報告 > 食育講座

講座・イベントの報告

食育講座

 

R元 10/28 食育講座「食文化に触れるバス研修」

 

北九州地方の食文化を学ぶため、戸畑区にある日本水産「ニッスイパイオニア館」、門司区の「門司赤煉瓦プレイス」を訪れました。

 

「ニッスイパイオニア館」では日本水産100年の歴史を学べる展示室があり、水産から食品そして物流に関することまで魚食文化について知ることができました。

「門司赤煉瓦プレイス」の建物は国の有形文化財にも指定されており、煉瓦造の立派な建物でした。北九州市門司麦酒煉瓦館には、サクラビールからサッポロビールとして創業するまでの醸造・販売についての資料が多数展示してありました。

 

今回は日本の近代化を支えた北九州の食文化について学ぶことができました。

 

 

 

門司1.jpg 門司2.jpg

    魚の食文化についてお話がありました

    マイクロバスの前で記念撮影!
   
   
   

 

◆R1 8/9 食育講座「中学生ジュニアスポーツの栄養」

三国中学校男子テニス部、女子バレー部の食事!

 

早坂しのぶ先生を講師に迎え、三国中学校の男子テニス部と女子バレー部の生徒が、「ジュニアスポーツの栄養について」の話を聞き、調理実習を行いました。

成長期にあり、またスポーツをしている自分たちにとって、持久力と筋力、瞬発力のために、いかに食事が大切か、しっかり理解できたようでした。また、調理実習では、”鶏ムネ肉のねぎピカタ”や”野菜たっぷりコンソメスープ”などを作り、全員で試食しました。

生徒たちには、規則正しい食事と栄養バランスの大事さを理解する、よい機会となったようです。

食育その1.JPG  食育その2.JPG

  食事、栄養の大切さの話を真剣に聞いていました。

  鶏肉の切り方を教えて貰いました。
   
   
   

 

 ◆R元年 6/29 食育講座「梅みそ」

    美味しい保存食!

 

地域の方々から頂いた梅を使って「梅みそ」を作りました。

最初に大きめの鍋で味噌と砂糖をトロトロになるまで熱した後、梅を加え、しばらく煮込みます。

味噌を焦がさないように注意しながら、和気あいあいと作業を進めました。

1時間もすると、梅と砂糖の甘い香りが漂い始め、「梅みそ」の完成です。

このみそは、色々な料理の味付けや隠し味として、また保存食にもなり、料理の幅が広がりそうです。

 

2梅みそ.jpg 1梅みそ.jpg

         焦げないように気を付けて!

          梅の皮が溶けはじめてるよ~
   
   
   

 

◆令和元年 6/1 食育講座「男の洋食」

料理を作って男子力UP!

 

男の料理シリーズも「イタリアン・中華・洋食」と3回目となり、心待ちにしている参加者の方が何人もいらっしゃいました。

今回も木和幸子先生より教えていただき、前回リクエストがあった「煮込みハンバーグ」と、「ラタティーユ」、おつまみにもできる「ピリ辛豆腐サラダ」を作りました。

ひとつひとつの作業を確認し合いながら、協力して作るとあっという間に料理が完成!参加者全員で美味しくいただきました。

「料理は楽しかったです!」「家で作ったら家族に好評でした」と嬉しい声もきかれました。

 

2洋食.jpg 3洋食.jpg

    包丁さばきもバッチリですね!

    自分の料理エピソードなども聞かれ、

      楽しい試食会でした。

   
   
   

 

◆令和元年  5/8 食育講座「穂先竹の子取り」

穂先タケノコを食してみよう!

 

麻生学園小学校の裏山へ穂先竹の子を取りに行きました。昨年と比べ今年は裏作のようでしたが、参加された方達は美しい竹林の中で収穫できそうなモウソウ竹を探し、竹の子取りを楽しまれていました。

採ってきた竹の子は、のぞみが丘小学校の家庭科室で茹でて竹の子ご飯と和え物にし、竹林には野イチゴの副産物もあり竹の子料理と共に美味しくいただきました。

今回、穂先竹の子取りに興味を持たれて生楽館の講座に始めて参加された方もいて、「初めての経験でした。楽しかったです。」と、喜ばれていました。

 

 

5竹の子.jpg 6竹の子.jpg

     竹林の中で穂先竹の子を収穫しました

   茹であがった竹の子を使い試食をしました
   
   
   

 

◆H31  3/3  食育講座「男の中華」

簡単・美味しい中華料理!

 

前回好評だった「男の料理シリーズ」の第2弾は、中華料理に挑戦!!

海老シュウマイ・かに玉・ザーツァイ入りコーンスープの3品を木和幸子先生に教えていただきました。

どの料理も思っていたよりも手軽で簡単にでき、「これなら家でも作れる!」と自信につながったようです。参加された方からは、「今度は違う料理も作ってみたい!」という前向きな声がたくさん聞かれました。

 

2中華.jpg 中華.jpg

  まずは先生のお手本から…

  参加された方からは次々と質問が出されました。

   シュウマイを包むのも、コツをつかめば簡単!
   
   
   

 

◆H30 12/15 食育講座「おせち料理」

福を呼ぶおせちのできあがり!

 

おせちは日本の伝統料理。お正月ならではのメニューに加え、5種類のアレンジメニュー(かにの奉書巻き・ウナギのけんちん巻き・サーモン伊達巻・クルミ入り田作り・黒豆)を作りました。「なるほどね」と納得のできるものを教えてもらって、みなさん、「今年のお正月は作ってみます」と話されていました。

おせち調理.jpg おせち.jpg

  作り方のちょっとしたコツに納得。

    5種類のメニューで豪華なおせちができました。
   
   
   

 

◆H30 12/9 食育講座「燻製作り」

絶品 スモークサーモンの出来上がり!

 

チップの煙だけで作る冷燻の第2弾のスモークサーモンに挑戦。味付けし乾燥させた生のサーモンを向きを変えながら、まんべんなくじっくりと香りをつけると本格的なスモークサーモンが完成しました。試食を交えて、参加者同士で燻製談議に盛り上がりました。

燻製1.jpg 燻製サーモン.jpg

   下味をつけたサーモンを、いざ燻製器へ!

 色つやののいい本格的なスモークサーモンが
     できました。 
   
   

 

◆H30 11/24 食育講座「味噌作り」

圧力鍋で簡単、味噌作り!

 

秋仕込みの味噌作りを開催しました。圧力鍋を使って大豆を軟らかく茹でて、麹と塩を混ぜるだけで、家庭でも簡単にできます。3ケ月もすれば、発酵・熟成されて美味しいお味噌の出来上がりです。自分たちで作った愛情たっぷりのお味噌は、美味しさも倍増です。熟成するまで見守るのも、お味噌作りの楽しみでもありますね。

味噌1.jpg 味噌2.jpg

  茹でた大豆と麹と塩をまぜます、愛情込めてハートに。

  味噌玉を隙間なく詰め込んで保存。
   
   
   

 

◆H30 11/11食育講座「燻製作り」

絶品、スモークチーズの出来上がり☆

 

チップの煙だけで作る冷燻のスモークチーズ。ゆっくりと時間をかけて香りをつけると本格的なスモークチーズができました。煙の様子や色づきを見ながら、皆さん、試食タイムや燻製談議で盛り上がり、和気あいあいと楽しんでいました。次回も冷燻に挑戦したいという声が出て、12月9日にスモークサーモンを企画しました。

燻製チーズ2.jpg 燻製チーズ1.jpg
     チーズを燻製器に入れて煙を燻します。     プロセスチーズとクリームチーズがスモークされて
  美味しそう。 
   
   

 

◆H30 10/7 食育講座「柚子ごしょう作り」

香りひきたつ手作り柚子ごしょう!

 

地元の柚子と青唐辛子を使って「柚子ごしょう」を手作りしました。柚子の皮をおろし器でおろす作業は参加している小学生も一緒にできて、和気あいあいと、とても楽しい時間になりました。出来上がった柚子ごしょうは、とても香り豊かです。1週間ほど寝かせて味をなじませると、お料理の万能調味料になります。みなさん、待ち遠しいと大事そうに持ち帰られました。

柚子ごしょう1.jpg 柚子ごしょう2.jpg

  みなさん、作り方の説明をうけています。

  柚子の皮を、みんなで摺りました。
   
   
   

 

◆H30 10/4  食育講座「ご当地の食材を求めて…」

朝倉市・日田市へ

 

旬の食材を求めて朝倉市と日田市を訪ねました。

朝倉市では、九州北部豪雨で甚大な被害を受けた松末地区で、水害後の農作物への影響や現在の農業事情についてお話を伺いました。建物や山肌など被害を受けたままの状態で残っている所もあり、まだまだ復興の途中ですが、そばの花がきれいに咲いていたのが印象的でした。

日田市では醤油や味噌の製造過程や醸造の様子を見学しました。

店頭には梨や柿・栗などが並び、秋の気配を感じるバス研修となりました。

 

3朝倉.jpg 日田.jpg

  豪雨災害の影響で廃校になった松末小学校。

  当時の様子を詳しく聞くことができました。

    醤油と味噌ができる工程を見学しました。