のぞみがおか生楽館
〒838-0107
小郡市希みが丘5丁目2番地17
TEL/FAX 0942-75-6607

ホーム > 講座・イベント > 講座・イベント報告 > ほっとプレイス

ほっとプレイス

 

◆R4 10/5 ほっとプレイス「ヘアゴム作り」

 

くるみボタンを使った「ヘアアゴム」を作りました。様々な布の柄や風合いを活かして作ったヘアゴムは、出来上がる度に「かわいい~」と歓声が上がるほどの出来栄え♪絣やプリント生地の中から選んだ模様は子どもだけではなく、大人にもピッタリなオンリーワンの「ヘアゴム」になりました。

 約70個の完成品は、10月16日(日)に開催される、のぞみが丘小学校区の「地域文化祭」のバザーに出品し、「ウクライナ人道危機救援金」として活用されます。小さな活動ですが、参加者のみなさんの平和を願う気持ちがこもった作品です。

ボタン①.jpg              ぼたん②.png 
     
ボタン③.jpg ボタン④.jpg 

           カラフルで温かみのある作品がたくさん
           完成しました!

 

◆R4 9/21 ほっとプレイス「そば粉のガレット」

今日の「ほっとプレイス」は、そば粉を使ったガレット作り。そば粉さえあれば家にある材料でも簡単に作ることができます。
フランスの伝統的なガレットは、そば粉と水と塩だけで作るそうですが、生地が破れないように卵と小麦粉も加えると焼き色もきれいに、またもっちりとした食感が味わえます。トッピングはベーコン・チーズ・卵のシンプルなガレットにしましたが、具材を変えるといろいろなガレットが楽しめます。
卵の周りを生地で包むように焼きますが、焼き方もいろいろ。ひっくり返して両面焼きや、オムレツのように半分に折って焼いたり、一工夫凝らしたガレットもあり、みなさん和気あいあいととても楽しい時間を過ごすことができました。

そば粉のガレット①.jpg  そば粉のガレット②.jpg 
そば粉のガレット③.jpg そば粉のガレット④.jpg 
そば粉のガレット⑤.jpg  そば粉のガレット⑥.jpg 

 

◆R4 9/7  ほっとプレイス「脳トレ&レクリエーション」

 

おごおりレク健康隊の皆さんの協力により、脳トレに効果がある体操やゲームを行いました。
まずは軽めの運動。示された数字に合せて指を動かす体操です。簡単な体操ですが、指は❝第2の脳❞とも呼ばれ、指先を動かすことは脳の活性化に効果があるそうです。

その後、手や腕、上半身、股関節、下肢へと移り、スクワットについては時間をかけて丁寧に教えていただきました。正しい姿勢で行わないと、効果が低いだけでなく膝を痛めてしまうこともあるそうです。

休憩の後はゲーム。12本のピンを倒し、その合計点を50点ピッタリにするのを競う「モルック」です。一投ごとに得点を計算して次に狙うピンを決めるのは、ちょとした脳トレにもなります。50点ピッタリにするのに少々時間がかかりましたが、その分、50点ピッタリが出た時は、大きな歓声や拍手が上がっていました。

最後に、「見上げてごらん夜の星を」のメロディーに合わせて、手足を緩やかに動かす体操をし、和やかな雰囲気の内に講座を終えました。

脳トレ①.JPG 脳トレ②.jpg

まずは指の運動です。

股関節をほぐしましょう!
脳トレ③.JPG  脳トレ④.jpg
狙いのピンを定めて、エィ!  メロディーに合わせて大きく緩やかに!
脳トレ⑤.JPG 
皆さん、お疲れ様でした。

 ◆R4 8/3  ほっとプレイス「切り絵を楽しもう」

 

切り紙は、折り紙を何回か折ってはさみで切りこみます。作業はとても簡単ですが、折った状態でカットするので広げてみないと完成形が分からないところがおもしろいところ。今日参加してくれたのは小学生。まず、折り紙を使ってベースとなる三角形の折り方を説明し、カットする部分を鉛筆で下書きしました。

 

「ここを切るとどんな形になるかな?」始めは不安そうな子どももいましたが、全員集中してとても楽しく取り組めました。カットした紙を開いていくと、思いがけない幾何学模様にみんな感動した様子。1人4枚の切り紙をラミネートしたら完成!お家に飾るのが楽しみですね♪

❶切り紙.JPG

②切り紙.JPG
たくさんの小学生が参加してくれました 折り紙の色を選ぶのも楽しいひと時
③切り紙.JPG ④切り紙.JPG
 どんな図案にしようかな? ほら、こんなのができたよ♪ 
⑤切り紙.JPG
とてもステキな模様ができました。みんな大満足の作品です!
  12 121 12 12  

 

◆R4 7/20 ほっとプレイス「カビの予防と対策」

 

 この時期、家庭の悩みの種であるカビ、その予防と対策について講話を行いました。講師は、DIYに詳しい髙木裕二さんです。

 先ずは、カビの生態を知ること。カビも生物の一種であり、温度、水分、栄養、この3つの条件がそろわないと発育しないこと。室温20度から35度、湿度60%以上の範囲が活発で、逆に高温が苦手で50度以上では死滅すること。また、人間の皮脂や水垢が主要な栄養源になっていることなどを教えていただきました。風呂場やトイレで発生しやすいのも納得です。

 このため、カビを予防するには、部屋や風呂場、トイレの窓を開ける又は換気扇をかけるとともに、掃除して皮脂などを取り除き、特に風呂場では、週に1回程度、約50度のお湯を壁や床にかけることで、十分予防できるとの説明に、皆さん、聞き入っておられました。

  それでも、発生した場合は、掃除して取り除くしかありません。それには、比較的安価な重曹や酸素系漂白剤などでも、水に溶かしてスプレーにしたり、ペイストして塗り付けるなど工夫して使えば、退治できるとのこと。強力な洗剤でないと死滅しないと思っていた方には、少々驚きだったようです。

 今回、カビの生態から予防法、洗剤の選び方、使い方まで色々と教えていただきましたが、やはり、最大のカビ対策は、生えてから駆除するのではなく、日頃からの掃除や換気、除湿に尽きるようです。

①カビ.jpg  ⑤カビ.jpg 
   
⑳カビ.png ⑦カビ.jpg 
   

 

◆R4 7/6 ほっとプレイス「わらび餅作り」

 

今回のほっとプレイスでは、夏の和スイーツ「わらび餅」を作りました。

豆腐・片栗粉・砂糖・水を混ぜ合わせ、弱火で加熱するだけの簡単スイーツ。後はきな粉をまぶすだけで完成します。

手軽にできヘルシーということで、参加された皆さんもレシピ説明の時からとても興味のある様子。今回はホットプレートを使い、作る工程や調理器具なども簡素化したことから、1時間足らずで「わらび餅」ができました。

試食後の感想でも、ぜひ家でも作りますと大変喜ばれ、次回のほっとプレイスを楽しみにされていました。

 

コツやポイント 弱火でじっくり混ぜること。こねあがったら厚手のジッパー付きの袋に
 入れ冷やします。袋の上から包丁で押さえるように切るとまな板もいりません。

わらび餅①.jpg  わらび餅⓶.jpg 
お豆腐の粒が無くなる混ぜます  ヘラでしっかり混ぜながら加熱
わらび餅③.jpg わらび餅④.jpg 
混ぜ続けると生地がまとまってきました きな粉をまぶす楽しい作業
わらび餅⑤.jpg  わらび餅⑥.jpg 
 涼やかな「わらび餅」が完成。おいしそう♪ 片付けも終わり、楽しい試食タイム(^^♪

 

◆R4  6/15 ほっとプレイス「心豊かに生きる」

 

 誰しもが、人生を心豊かに生きたいと思っても、心コロコロやっかいなもの。「心豊かに生きる」をテーマにお話を伺いました。

お金や時間が足りない、また知識や経験も足りない等、ないもの探しをすると、不平不満やストレスを抱え、みじめで不幸な気持ちになりがちですが、そういった時こそ、内面の豊かさを求めていく必要がありそうです。

豊かさについて考えるために、まずその言葉の反対語を考えてみると発想の転換になる、と例をあげて話しをされました。不自由・不幸・不正・歪む等、また頑張らなくていいこともプラス思考ととらえなおしてみる等…金子みすゞの詩や、世界で一番貧しい大統領と言われたホセ・ムヒカ氏の「名言」等を引用し、わかりやすく話をされました。

現在81歳半で、考古学にも造詣の深い久保山教善氏から、「心豊かに生きる」コツをご自身の経験を交えたお話から学び取ることが出来ました。今ある豊かさに目を向け、自分の視野を広げることの大切さも学べ、貴重な時間となりました。

  無題.jpg